大阪・吹田市江坂の創業・経営支援専門の税理士事務所

身近な顧問税理士の選び方はかかりつけ医の選び方と共通する?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
創業や経営支援分野に注力している税理士事務所です。税理士としては珍しい大手金融機関で融資実務を経験したキャリアを持ちます。どんな些細なことでも相談していただけるように丁寧な対応を心掛けています。
詳しいプロフィールはこちら

どうやって税理士を選んだらよいのか?

どんな税理士が良い税理士なの?

身近な友達などにたまに聞かれることがあります。

個人的には、個人事業主や中小企業の顧問税理士の選び方って、身近なかかりつけ医の選び方に通じるところがあるなぁと感じており、いつもそのことが頭に浮かびます。

今日は、身近な顧問税理士の選び方について、私自身が感じることを書いてみました。

 

現時点での結論は、この2つ

まずは、結論から書かせていただきます。

もし私が会社経営者だとして、身近な顧問税理士を選ぶのであれば、重視するのはこの2点です。

  • 人間として気が合いそうかどうか(気が合いそうか)
  • 苦しい時に全力で力になってくれそうかどうか(信頼できそうか)

ものすごく、あいまいで、直感的ではありますが、今現時点では、この2つが重要かなぁと感じています。

要は、フィーリングということでしょうか。

ただ、これでは説明が雑ですので、そう感じている理由について、もう少し詳しく書かせていただきます。

 

一般的に税理士選びで比較されること

一般的には、税理士選びの基準として、このような点を比較されることがあります。

  • 若手がいいか、ベテランがいいか?
  • 個人事務所なら親切そうだけど、大規模事務所なら専門性が高そう?
  • 値段は安けりゃいいのか、値段が高いと質が良いのか?
  • 単なる作業代行型でいいのか、コンサル型を望むのか?
  • 毎月来てくれる方がいいのか、たまにでいいのか?
  • 近くの事務所は便利か、遠ければ不便か?
  • 専門分野は、得意分野は?

どれが良くて、どれが悪いというのは、基本的には無くて、その会社の状況や、経営者が望むニーズによっては、答えはガラッと変わってきます。

つまり、その会社の状況や、経営者の考え方によって、最高の税理士像は変わるということです。

ただ、個人的には、身近な顧問税理士を選ぶのであれば、もっと大切にしなくてはならないポイントがあるのではないかと感じています。

 

かかりつけ医の選び方に通じること

私は、顧問税理士の選び方と、かかりつけ医の選び方には、通じるところがあると感じています。

 

健康診断でひっかかって・・・

個人的な話ですが、実は、数年前に健康診断で再検査となり、(結局は何ともなかったのですが、)精密検査をするために、近くのクリニックに行った時の話です。

もちろん、その時は、大きな病気ではないかとバクバクでして病院に向かいました(汗)

そして、いざ、不安を抱えながら病院に行ってみると、とにかく先生が親身になって、色々と検査をしてくれて、また、症状をヒアリングしてくれて、細かく説明してくれるのです。

あれっ、病院ってこんな感じだったかな、と。

私自身は、あまり病気をすることがないので、ほとんど病院にはいきませんが、病院のイメージというと、

  • 散々待たされる
  • 先生が一方的に話して終わり
  • 細かい説明なし
  • 何か聞いたら不機嫌になることがある
  • 症状の理由もよく理解できない
  • とりあえず薬もらって終わり

という勝手なイメージを持っていただけに結構な衝撃がありました。(日々、親身にご対応されている先生方には大変申し訳ありませんが、あくまで今までの私のイメージということでお許しいただければ・・・。)

こんな一人の患者のためにこんなに時間を使っても良いのだろうかと申し訳ない気もしましたが、この時以来、私自身は何かあればその先生と決めています。

もちろん、その先生の腕の良し悪しなんて私には分かりませんし、判断も出来ません。

ただ、何かあれば親身に対応してくれるし、先生では対処出来ないような病気になったとしても、すぐに、信頼できる別のお医者さんや大病院を紹介してくれるだろうという安心感と、信頼感がありますので、全く不安はありません。

これって税理士選びにもすごく通じる気がしています。

 

腕の良し悪しなんて判断できない

確かに、全国的にも有名な大病院ともなれば、手術実績などの色々な実績があって、いわゆる名医と言われる先生もいらっしゃるのでしょう。

ただ、正直なところ、一般的には、私たち素人には先生の腕の良し悪しなんて判断できるものではありません。

これは、税理士だって同じことなのではないでしょうか?(もちろん、普段からポロポロとミスがあるとかであれば、話は別ですが・・・。)

だからこそ、きちんと親身に話を聞いてくれて気が合いそうかどうか、そして、信頼できそうかどうか、この点が重要な要素になってくるように感じます。

身近な顧問税理士を選ぶのであれば、この視点は非常に重要だと感じます。

一つだけ、注意事項も書かせていただきます。

例えば、医者の世界でもあまり例がない難病ともなれば、その専門の先生にかかるように、税務の世界でも国際課税や組織再編などあまり例がない難しい分野ともなると、その選び方の視点は変わってきます。

今回は、あくまで、身近な顧問税理士の選び方だとお考えいただければ幸いです。

 

どうやって気が合う信頼のできる税理士を見つけるのか

とはいっても、全国に8万人弱も税理士がいるわけで、どうやって税理士を探すのという問題があります。

最近では、ブログやツイッター、フェイスブックなどでその税理士の個人的な考え方などを知る機会もありますが、やっぱり、会って話してみることなしには決めれません。

 

税理士との面談で聞いてみたい2つのこと

もし、税理士と面談の機会があるのであれば、こんなことをお聞きすれば、一つの参考になるのではないかと感じています。

  • 誰がうちの窓口担当になってくれるのか
  • 担当が変わってしまうこともあるのか

面談の際には、所長先生やベテランの税理士が面談をするものの、いざ、仕事が始まると窓口となるのは別の従業員ということもあります。

いくら、ベテランの税理士さんも一緒に担当すると言っても、毎回一緒に対応してくれるわけでもなく、普段の窓口は別の人ということもありますので、この点は確認しておいた方が良いかと感じます。

また、従業員の退職や事務所内のローテーションで担当が変わるということもありますので、この点も念のため聞いておいた方が良いでしょう。

せっかく、話をしてみて、この方が良いと感じても、実際にはうちの窓口担当ではないということにならないように、このようなことを聞いてみると良いのではないでしょうか。

 

まとめ

基本的には、税理士とのおつきあいは、事業が続く限りの長いお付き合いになります。

また、税金の申告を頼むということは、会社や個人のお財布の中をオープンすることになりますし、場合によっては、いつかは、自分の相続も頼まなくてはならない人。それが税理士です。

当然、お付き合いは長くなるし、プライベートなことにまで踏み込んだ話もしなくてはならないので、気が合わない人であったり、信頼できそうな人でなければ、それはもう苦痛でしかありません。

お金を払って税理士を雇っているのに、税理士と会うたびに苦痛に感じるとか、それは不幸なことです。

税理士という仕事柄、顧問先様とのコミュニケーションが非常に重要になってきますので、うまくコミュニケーションが取れないとなると、やはり仕事のパフォーマンスも期待できるものでなくなる可能性が高いと言えます。

だからこそ、自分と気の合う信頼できる人に任せてしまうということが大切なんだろうと感じています。

あくまで、個人的な意見ではありますが、是非、身近な顧問税理士選びのご参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
創業や経営支援分野に注力している税理士事務所です。税理士としては珍しい大手金融機関で融資実務を経験したキャリアを持ちます。どんな些細なことでも相談していただけるように丁寧な対応を心掛けています。
詳しいプロフィールはこちら