大阪・吹田市江坂の創業・経営支援専門の税理士事務所

税金の世界にもミニマックス戦略が活用できる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
創業や経営支援分野に注力している税理士事務所です。税理士としては珍しい大手金融機関で融資実務を経験したキャリアを持ちます。どんな些細なことでも相談していただけるように丁寧な対応を心掛けています。
詳しいプロフィールはこちら

実家に帰省すると家族でトランプ

実家に帰省すると家族みんなでトランプをします。

最近の流行りは、セブンブリッジ。

トランプは本当に個々の性格が出るので面白いところで、私の妻は大博打が大好き。大きく負けることもありますが、大きく勝つことを狙います。

一方で、私は、大きく勝つことより、いかに大きく負けないか。

せっかくのゲームなのにつまらない・・・、と毎回言われるのですが、どうしても性格が出てしまうところです(笑)

税務の世界でもミニマックス戦略

実は、たまたま移動中に見ていたセミナー動画でこのミニマックス戦略が触れられていたので記事にしてみました。

ちなみに、ミニマックス戦略とは・・・、

想定される最大の損害が最小になるように決断を行う戦略のこと。

(ウィキペディアより一部抜粋)

つまり、「勝つこと」よりも「負けない」ことを優先する戦略で、もともとは、あの有名なゲーム理論で出てくるものなのです。

今日聞いていたセミナーでは、税務の世界でもこの考え方は重要であると。

もし、否認された場合に個人や会社として耐えうることができるのか。

組織再編や事業承継をはじめとして、金額としての影響も大きくなるような場面では、いかに失敗しないかという視点が特に重要になるということですね。

あとがき

毎度毎度のことですが、少しずつ、更新頻度を上げていきたいと思っています。

今後は、ガチガチの税務のはなしは少なくなるかもしれませんが、私自身が税理士としてどんなことを考えているのかということや、日常の話などもお伝えできればと思っています。

今後もよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
創業や経営支援分野に注力している税理士事務所です。税理士としては珍しい大手金融機関で融資実務を経験したキャリアを持ちます。どんな些細なことでも相談していただけるように丁寧な対応を心掛けています。
詳しいプロフィールはこちら